陥没乳頭治療の口コミサイト

スポンサードリンク

陥没乳頭の手術のリスク!

陥没乳頭には仮性陥没真性陥没があります。

仮性陥没は、引っ張ったらでてきます。真性陥没が問題で、何をしてもでてこないわけです。

おっぱいなんて隠れているから、たいしたことないと言われますが。

陥没乳頭だと、女のこ同士で温泉に行くのも恥ずかしいし、彼氏に見られるのも恥ずかしい・・・

コンプレックスと感じている方は、多いのではないでしょうか?

女性なら美乳に憧れます!

おっぱいは、大きい方が良いですし、乳首はピンクが良いに決まっています。

陥没乳頭を治すために、手術を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?


でも、早まらないで下さい!!

陥没乳頭は、1回の手術で完治する人もいれば、3回手術した方もいらっしゃいます。

再発する可能性は、5%だそうですが、何回も手術をした人もいるんですね。

陥没乳頭の手術は、乳管をきらないでするはずですが、お乳がでるかどうかは、実際子供を産んだときしかわからないみたいです!

手術は、リスクを伴いますので、よ〜く考えてみて下さいね!

手術以外の方法

真性陥没でも、ピペトップで治った方もいらっしゃいます。

でも、全ての方ではないので、注意して下さいね!

ピペトップとは、両手でピペトップをある程度縮めておいて乳首にあて、吸引させます。

乳首に乗せてから押すと痛いですよ。使い方に注意して下さいね。

ずっとつけておくことで、乳首がでてくるのですが、一度試してみる価値あります。

使い方を間違えると、水ぶくれなどになっちゃいますから、痛いようでしたら中断してみてください。


出産を機に完治すれば、1番良いんだけど、なかなか個人差があって、陥没乳頭が治らない人だっています。

母乳をあげれなくて、搾って、飲ませている方も多いですし。

子供を産んで、乳首がでてきた人もいるます

陥没乳頭は、乳首を吸ってもらうのが1番の特効薬というほど。

毎日、何回もおっぱいをあげているうちに、自然にそのまま外にでているケースもあります。


産婦人科に行く機会があれば、ついでに聞いてみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク